忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

言葉の無駄遣いはやめよう

推敲もせずにバーっと書いてしまった。しなきゃいけないと思う。

グロースハック()、ビッグデータ()、コンテンツマーケティング()、UI/UX()、SEO() 、etc...。

他にも色々あるけど、ネット上で特定の言葉や単語の価値がだんだんとチンケなものになっていってしまっている傾向がある。本当は多大な価値を持っているのに。

知ったかぶりな情報を流す人が増えてしまった、というものが表面的に見ると正しい理由なのかもしれない。けど、そうじゃないと思う。それらの情報を片っ端から否定する博識な方々がそもそもの原因なんだと思う。多分、最初に書いた UI/UX も「いや、一緒くたにされると困る」と言われるんだと思う。

だからと言って、こういうときに言われた方も「出たww定義厨www」と受け取ってしまうのはかなり検討違いだし、根本的解決からもっとも遠い行為なので注意してほしい。当然だが、知ったかぶりの方にも罪はある。

ネットから少し離れるが、よくある例で

「もっとプロレスが人気のあるスポーツになってほしい」と古くから思うファンがいる中で、いざ新規参入者が現れると、やれ「これが分かってない」やれ「そんなことも知らないのか」となってしまう。

ってやつ。ネットでもほとんど変わらない構図になっていると思う。

ブシロードの木谷社長が「すべてのジャンルはマニアが潰す」と言った。悲しくも正論である。古くからのファンも、元々は何も知らなかった、そんな時期があったはずなのに。

仮に、ネット上である知識についてドヤ顔(な雰囲気が伝わる文章)で、しかも的外れなことを言ってる人がいたとして。もし、その人に対して腹が立つのなら、何も言わず、干渉もせず、無視していればいいと思う。時間が経てば、Google や SNS のアルゴリズムが勝手にその人を淘汰してくれる。

でも、今は知ったかぶりな情報を流してる人も、もしかして知る努力をしている最中なのかもしれない。もし「もっとその事について正しい知識を持ってほしい」「自分が所属している領域をもっと発展させたい」と考えるのなら、博識な方々は伝え方を考えるべきだと思う。

言葉も無限にあるわけじゃないんだから、無駄遣いはよくないと思う。

PR