忍者ブログ

日本人のインタビュー記事と外国人のインタビュー記事の内容について

少し前、インタビュー記事を書いている時にいろんなメディアを参考にしようって眺めていたら、思った事があったので書く。

主に文章の末尾の話。日本人だと「〜なんですよ」「〜ですよね」「〜だと思います」なんだけど、翻訳された外国人のインタビューを読んでると「〜なんだ」「〜だよね」「〜だと思うよ」っていうのが比較的に多かった。日本人の場合は本当にそう言ってるんだから置いておくとして、外国人の話を日本人が翻訳すると、どうしてこうも力強く、自信に溢れた感じに仕上がるんだろう。もちろん、いわゆる敬語風に翻訳されているメディアもあった。

「外国人はみんな堂々と自信を持った話し方をする」って無意識に思い込んでいるからこういう口調で翻訳されるのかなー。

って考えつつ、僕も同じような口調で翻訳を進めていたし、実際そう仕上がった。

PR