忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サスカトゥーンに行った話

サスカトゥーンというところに行った。昨年の3月に2週間ほど。

サスカチュワン州の中央あたりに位置していて、7つの橋が川にかかっていることから「橋の街」と呼ばれている。「プレーリーのパリ」とも呼ばれているらしい。おしゃれ。

帰国直前で特にやることもなかった、というのと、以前、サスカトゥーンに住んでいた友人から「本物の自然を体験しておくのも悪くない」と言われたので行くことに決めた。

バンクーバーから飛行機で向かった。途中、エドモントンでの乗り換えを含め、片道約4時間ほどかかった。

乗り換えの飛行機。初めて乗るタイプの飛行機だった。

宿はその友人から紹介してもらった。格安で居心地も良かった。紹介してくれてありがとうございました。

滞在三日目の朝、冒頭で友人が言っていた「本物の自然」の一部を体験した。

少し外に出て、数回呼吸をした時点でこれはヤバいと思い、すぐ室内に戻った。初めて体感する寒さだった。ああ、無力。

画像はその時の気温。ひどい時はマイナス40〜50度まで冷え込むと聞いた。

サスカトゥーン到着後、空港からタクシーに乗った時(気温0度前後)に運転手から「これでも暖かくなったほうだよ〜」と言われて驚いたのだが、納得である。

住人たちもこれくらいの気温だと、外に出る時はマフラー等で口周りを覆うらしい。そうしないと、呼吸を繰り返すうちに肺が凍り、命を落としてしまう恐れがある、とのこと。

滞在中はほとんど何もしなかった。ダウンタウンに出たのも2, 3日程度で、あとは、食料の買い出しに行ったり、朝と夜の散歩で外に出るくらいだった。基本的には引きこもってインターネットをしていた。

ネットサーフィンをしていると、ここでは街中でもオーロラを観測することができるとのことだったのだが、滞在中は機会に恵まれず、残念な結果となった。生きてる間に一回くらいは見たい。

以下、画像。

サスカトゥーンでは忍術を学ぶことができるらしい。

街中にスケートリンクがあった。

帰りの飛行機の中から撮った。幻想的。

PR