忍者ブログ

美しさを感じる瞬間

ごく稀に「あ、美しい(かもしれない)」と感じる瞬間に立ち会うことがある。

生きていてよかったと感じる数少ない瞬間の1つである。

http://blog.sjntn.com/hoge/EditEntry/126/ に書いた出来事もそうだった。

今覚えてる範囲で書くと、昔飼っていた犬が亡くなる直前にそう感じた。

当時は仕事で忙しかったので、両親から送られてくる動画から確認することがほとんどだったが、亡くなる1, 2日前に僕の目の前で足や身体を震わせながら大きく数回遠吠えした様子を見て「おお...これは美しいかもしれない」と。

瀬戸際時は度々僕たちから見えない場所に隠れたり、呼吸が浅くなってあまり動けない状態になっていた。前者についてはそういう習性があるらしい。

とにかく新鮮な気持ちだった。もう一匹の飼い犬が「こいつは亡くなったんだ」「もう戻ってこないんだ」と明確に理解した行動を取っていた時も少し関心した。分かるんかお前、と。


何かしら刹那的な要素があるとそう感じるのかな。

なんなんだろう。というか、彼女は天国でもたくさんご飯食べてたくさん寝てるのだろうか。

また思い出したらメモがてら書きたい。


先日の Masego のライブに行きそびれてとても悲しい。行きたかった...。

PR