忍者ブログ

偶然性の絶えない人生にしたい

以前から最終的に納得してから死にたいと考えていたが、その過程で偶然性の絶えない人生にしたいと思うようになった。

いつからそう思うようになったか。当時は自覚的ではなかったが人生の賞味期限が切れた22, 23歳あたりからだったのではないかと思う。

人生の賞味期限の意味合いはこちらをご参照ください -> 人生の賞味期限について - 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記


偶然性は飽きとは無縁の要素だから良い。人生は飽きや退屈との戦い。偶然性は意義を感じやすく、人生が楽しくなる要素の一つだと考えている。意義を感じると日々感じる退屈さから解放してくれる。

例えば散歩。散歩は偶然性に頻度高く出会える行為だと思っている。特に昨今世の中が大きく変わり、予期していなかった現実や美しさが以前よりも目に入りやすく、そして感じやすくなった。ライブや野外フェスで聴ける通常音源とは違った演奏もそう。Twitter で繰り広げられる創造性の高いネタツイート群もそう。


先日、オフィスの意味について考えていた。浮かんだのは3つ。

・オフィスは積み上げた文化を表現・共有しやすい媒体であること
・従業員にとって気持ちの切り替えが出来たり、ある時には逃げ場になったり、人格の形成が出来る居場所であること
・偶然性の高いインプットやコミュニケーションが発生しやすい装置であること。


「せざるを得ないこと」に出会うことは、かなりレアな偶然性をはらんでいて意義をより強く持つことができる。自身が行なっている起業という行為がおそらくこれに該当する。

webサービスや音楽、アート、映画、小説等、つくらざるを得ず世に出てきたあらゆるものに心を動かされ続けてきた人生なので、昔は少なからず憧憬の念を持っており、創作する側の景色はどんなものなのだろうとよく想像したが、隣の芝を青く思うことは失礼にあたる行為になると勝手に理解し、今はあまり考えないようにしている。


最近ブログを書く気が全く起こらなかったが、なんとなく手が動いてよかった。あらゆる物事に対して偶然性を見出し、勝手に意義を感じ、勝手に納得したい。

PR