忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンフランシスコに行った話

少し長くなるので許してほしい。一応目次置いとく。

概要

今年の夏休みを利用して10日間ほど滞在した。

行く前、興味ある会社に「〜〜〜だからインタビューさせてほしい」という旨のアポイントメント(以下、アポ)を送ってみたのだが、見事に全滅だった。「なんやかんやいけるだろ」と思っていたが普通に無理だった。案外、なんとかならない。友人・知人からの紹介がないと厳しいことがわかった。Slack とかはこういうPRエージェンシーを活用していてなるほどと思った(アポのメールを送ったら、ここに所属している人からやんわりお断りの返信がきた)。

http://rsquaredcommunication.com/

そんなこんなあって到着時は、これまじで飯食って帰る感じかな、と厳しい気持ちになっていた。

Tech House

10日間の滞在は全てここのシェアハウスでお世話になった。

http://techhouse.strikingly.com/

長谷川さんという唯一神が管理人を務めている。彼はサイコー以外の言葉では表現することのできない方なので是非直接会って確認してほしい。内藤くん (TechWatch) もそこに住んでいる。真面目な話、一泊30~40ドルでダウンタウンへのアクセスも悪くないので良い。ただ、昼夜逆転しているような人間しかいないので、規則正しい生活を送りたい人にとってはすこし厳しいかもしれない。入居してる人たちは大体自炊してた。ぼくはカップ麺中心の食事だった。

杉山くん (EVアソシエイト) と Gogotanaka くん (元freeeインターン) も同じくそこに滞在していて、初対面だった。滞在中、みなさんとのエピソードが色々(tanaka くんとは滞在後も)あるのだが、長くなってしまうので省く(ごめんなさい)。

奇跡的にアポを承諾してくれた話

前述通り、到着時、アポが全滅状態だった中、なんとか会ってくださった方の話の一部を箇条書きでメモ。

丹羽さん(Twitter)

  • 日本の大学はソーシャルを学ぶところ。飲み会やマナーなど。でも、それは職に就いてからでも勉強できる。正直、それに4年間費やす必要はない。
  • アメリカの大学はスキルを習得するところ。いわば職業訓練校みたいな扱い。夏・冬の休暇を利用して Google や Apple に行ってインターンとして実務経験を積む(新人研修的な)。給料も正社員とさほど変わらない。
  • 日本には新卒一括採用制度があるので、スキルがなくても職を得やすい。企業側は入社してから教育コストをかけて社員を育てる。「全体的な底上げ」という意味では良い制度なのかもしれない。そのかわり世界に通用する企業を育てるのは難しい。
  • アメリカではスキルがないと職が得にくい。新卒採用制度が基本的になく、ほとんどが中途採用。
  • ベンチャーは優れたエンジニアを雇うのが大変。Google や Facebook は平然と年収2000~3000万円を提示してくる。ベンチャーにはそこまでの金額が提示できない。
  • 家賃死ぬほど高い(1LDKで月3000ドル以上)。

キヨさん(Remotus)

  • 人と会って話すときは、毎回大事なプレゼンなんだと思って話した方がいい。
  • シリコンバレーは最高の人材が揃い、最大のコミュニティがあり、良いエコシステムがある。動くお金の額が違い、マーケットの大きさも桁違い。
  • 全てが揃っている場所だからシリコンバレーに来ない理由がない。
  • カナダは(シリコンバレーの企業に比べて)人件費が安い。そのため、hootsuite などはそこを拠点にしている。
  • 若い人は今すぐシリコンバレーに来た方がいい、早いに越したことはない。

突然のアポを承諾して頂いた丹羽さん、キヨさん、そしてキヨさんに連絡を取ってくださった内藤くんありがとうございました。

けーしさんが川島さん (Google) に連絡を取ってくれたのだが、残念ながら予定が合わなかった。Ingress のことめちゃくちゃ聞きたかった。残念。けーしさん、ありがとうございました。

飯・観光

以下、写真。

非常に美味い肉を食った。ここで杉山くんが赤ワインをこぼした。

ブルーボトルコーヒー

突然、二条城の話をし始めるおじさん(何人か忘れた)。日本のローカルを完全に理解していて、面白かった。

音楽フェス。楽しそうだった。

港にいたカモメ。眠そう。

バスケしてきた。10日間のうち2日間はバスケした。久しぶりにやると楽しい。

playing #hyperlapse

A video posted by じんたん / Jintan (@sjntn) on

バスケをはじめ、タクさん (Remotus) にはよく遊んでもらった。一度日本でお会いさせてもらった以来だ。滞在中、教えてもらったことも非常に多く感謝している。またお会いしたい。

聖地巡礼

よくお世話になっている渋谷のカフェ factory の店長、のりおさんに会った。彼も丁度旅行で来ていて、日程が1日だけ合うということで合流してレンタカーで聖地巡礼をした。

スタンフォード大学はとにかく広かった。あと、ジョブズのガレージよりHPガレージの方がガレージ感があった。というか、ここから伝説始まりました感があった。他にも Googleplex, Apple, Facebook, HP など。写真はインターネットで検索すると同じようなのが出てくるので割愛。

総括

今回のサンフランシスコに限らず、興味ある場所や環境は直接行って、自分の目で確認しておく必要がある。理由はえらい人が散々言っていると思うので割愛。個人的には、直接行かないとわからないことが多いから。あと、もしサンフランシスコ(どこでもいいけどとりあえず英語圏)に行きたいと思っている方は英語がそれなりに話せないと結構辛い思いをする。当然のことかもしれないがやはり、直接行かないとわからないことはある。

PR