忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

定義化について

最近、「スタートアップとは何か」というような記事をタイムラインで見かけた。みんながシェアしていた。その影響でいろんな議論が行われていた。

題材が特に「スタートアップ」というのもあったのだが「それ、わざわざ定義する必要あるのだろうか」と思ってしまった。

定義化するメリットは、共通認識を作り出すこと。言わば、みんなの標準を作り出すことだと僕は思っている。思考の効率化、とか結構しっくりくる表現かもしれない(わからん)。デメリットは、それがみんなの標準なので、それ以上はあまり深く考えなくなる。言いすぎかもしれないですが、定義化は思考停止を招く行為だと思う。

宗教とかもそうなのだが、友達に「なんで宗教信じるの?」と聞いた(僕は無宗教なので単純に気になった)ところ、「んー、それ信じてると楽だから」という返事がかえってきた。ちょっと本題とはズレるためこれ以上は書かないが、定義された何かを信じることは人にとって心地よいことというかそれが楽ちんなのだ。エネルギー使わなくていい。

煽るわけじゃないんだけど、みんなが定義化に励む理由の一つは自分がその理論の提唱者になることで得られる承認欲求だと思う。いや、わかんない、突然やってくる使命感からなのかもしれない、神からのお達し的な。

当然、自分が提唱した意見や定義がみんなから認められることはうれしい。でも、そういう何かに対する定義を見かけた時、僕らは片耳に入れておく程度にしておかないと、危ない。もちろん信じる信じない、同意不同意は自由。

信じるものを減らすことはちょっと怖いしときどき不安になるけど、物事の不確実さというか不確かさというか、そういうものと上手に付き合っていけるようになりたい、と最近考えたりしている。

PR