忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まあいいけど理論

去年の4月、解放食堂の後、そのまま車で東北へ向かう、という家入さん達の強行スケジュールに同行した際、車内で行われていた会話を思い出した。

「まあいいけど」って言える人、少ないよね。

って新平さんが言ったのかな、確か。

僕は後ろで黙って聞いていて、なるほど、と。まあいいけど、ってな感じでどちらかが折れれば、そうそう面倒なことは起こらないはず〜って内容だった気がするけど、その通りだと思う。そのまま「まあいいけど理論」って名付けてもいいと思う。

藤子・F・不二雄先生の『エスパー魔美』で描かれたシーンが「表現の自由」の意味を的確に表している〜のアレとちょっと似てる。

f:id:sjinda:20140718162349j:plain

まあいいけど理論を実践出来る人はそんなに多くないのかもしれないけど、これみたいに「それはそれ、これはこれ」って出来ている人も結構少ない気がする。

そういえば、財布に3000円くらいしか入ってなかったのに「東北行きます」とか、今思えば狂気の沙汰だわ。家入さん、なぎさん、しゅんきさんお金くれてありがとうございました。感謝しています。

PR